働くママの時間管理術を教えて!ワンオペ育児

先日開催した、働くママのための職育ミーティングでは、参加者同士でキャリアや育児のモヤモヤを共有したり、励ましあったりしました。

とくに関心が高かったキーワードは『時 間』です。

職育ミーティングでは、このネタがお伝えしきれなかったので、この場を借りてたっぷりとキャプテンファミリーの時間の使い方についてお話ししたいと思います。

 

まえがき・・・

【働き方の違いについて】

キャプテン大友は、現在、月から金まで9:00-17:00の勤務です。

これまで、フルタイム勤務、パート勤務、フリーランス、、、と、様々な働き方を経験していますが・・・

フルタイムだからと言って、パートや時短勤務の方より親子の時間が少ないかというと、そうでもない気がしています。

子どもが感じる淋しさの度合いは、どちらも同じくらいかもしれません。

でも、フリーランスは異なりますね。受注の仕方にもよりますが、夏休み、冬休みなどの長期休暇に一緒にいてあげることも可能です。

また、専業主婦の私には関係ないと思われるかもしれませんが、私は”専業主婦”は主婦という仕事を持つ、働くママだと思っています。

時間管理が必要な状況は専業ママも兼業ママも同じだと思います。

 

【ワンオペ育児について】

長男が2歳~3歳の時、私はすでに職場復帰をして保育園を利用していたのですが、夫は単身赴任で不在でした。

このころは、365日24時間ワンオペ育児でした。

夫が帰任した今も、平日は帰宅が遅いためワンオペです。

でも、土日は子供を連れだしてくれたり、子供と夕飯を作ってくれたりします。

それだけでも、私の負担は軽くなりました。

 

【現在の大友ファミリー】

春から小学校3年生になる長男と、年中さんになる次男、そして、いつのまにかイクメンになった夫と、フルタイム勤務に復帰した私の4人家族。

私の実家は車で40分ほどの距離にあるものの、現役で働いているため、支援を頼めるのは限定的。

夫の両親は飛行機に乗らないと行けないほどの遠いところに住んでいます。

 

 

【ある朝のタイムテーブル(平日)】

朝型ですね。

眠育アドバイザーなので、夜型より朝型のほうが仕事のパフォーマンスが上がることを知っています。

これはまた、別の機会にご説明しますね。

 

7:15の子ども欄にご注目ください。

下の子が4歳になってから、ようやく手伝わなくても身支度ができるようになりました。

技術的には3歳からできるようになっていたのですが、

甘えたい気持ちがあって、ママがやってくれないとヤダー!!という時代がありました。

ひとりで身支度できるようになるまでは、短時間勤務制度を利用できるといいだろうなと思います。

しかし、それは年齢で決められるものではないのですよね。

 

PR【短時間でも充足したコミュニケーションを!聴き上手なママになる親育ワークショップ】

 

 

2歳でもできる子はいますし、小学校に入学したばかりのころは、親が手伝うことも。

そして、おわかりのようにパパは登場しません(笑)

彼は6:40に起きてシャワーして7:15に消えます。

 

【ある夜のタイムテーブル(平日)】

 

はい。バタバタです(笑)

耳鼻科の通院がある日なんて、むちゃくちゃになります。

19:00にご注目ください。

15分で夕食の準備をしていますが、ある程度は朝のうちか週末に作ってあります。

それでも、なんやかんやで15分くらいかかっちゃいます。

 

20:20をご覧ください。

平日は、ほとんど家事はしないのですが・・・

たとえば大皿に盛っていた料理がちょっと余ったりすると

器を移し替えて冷蔵庫に入れますよね。そのレベルです。

あと、朝から予約しておいた乾燥済みの洗濯物をしまいます。

 

仕事で疲れて、もう何もしたくない!という日もあります。

そんな日は、コンビニ飯や近所の牛丼屋さんで食べます。

子どもも大人も、良質な睡眠をたっぷり確保することを最優先しています。

食べることより、遊ぶことより、何より、睡眠が大切だということをよく知っています。

睡眠不足になると、脳の発達を邪魔するだけでなく、ケガにつながったり、お友達関係のトラブルを誘引することになりかねません。

だから、疲労や通院などで工程を削減しなければならない場合は、夕食をアウトソーシングしますし、洗濯や掃除などは後回しです。

 

・・・そして、ここにもパパは登場しません。

子どもたちが眠ってから帰宅する日がほとんどです。

20時半ごろに滑り込みセーフ?で帰ってくることもありますが、その場合は、パパは夕食を食べるよりも先に、子供たちを連れて寝室へ行ってもらいます。

腹ペコでも、寝かしつけ優先です。

そのまま食べずに寝落ちする日もありますが、それほど休養が必要な状態であるということ。

パパも睡眠第一です。

 

【まとめ】

時間管理とは、優先順位を決める作業なんでしょうね。

その優先順位をつけられなかったり、優先順位に自信が持てなかったりすると、

どうしてもその日暮らしになって、バタバタしちゃいます。

 

職場復帰の前には、このタイムテーブルを何度も何度も書き直しました。

職場復帰後も、修正しながらやってきました。

 

我が家は睡眠が最優先ですが、ご家庭によって重要視することは違うと思います。

あくまでも、ひとつの事例として参考になればと思います。

 

【おまけ】

リビングとトイレに掲示しているポスターです

 

子どもに早くしてよー!と怒る場面を減らしたくて、貼りました。

次は何をすればいいんだっけ?と考えているうちにボーっと時間が過ぎていくんですよね。

長い針が”7”になったら、ママは一切容赦がないと知っています(笑)

PR【短時間でも充足したコミュニケーションを!聴き上手なママになる親育ワークショップ】

広告